log osaka web magazine index
未知の街ー大阪ーへ… “かよん”がおくるとっておきハコ物語。
文・写真
+ かよん
和歌山市出身。約14 年間の東京生活を終え2001年2月に帰郷。大阪・関西圏の土地感があまりない。フリーペーパー“ flows ”編集人。いまや、祭り人&ついに、踊り人にも・・・タイトル・イラストはたのよしこ   FLAGS PLACE


File#20 Calo Bookshop & Cafe

Calo Bookshop & CafeCalo Gallary大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5FTEL.06-6447-4777 http://www.calobookshop.com/ info@calobookshop.com 2月末、昨年春にできた扇町インキュベーションプラザ(Mebic扇町)で、「本」をテーマにものづくりをおこなうデザイナー・クリエイター・印刷会社・書店を一堂に集め、その取り組みを紹介する「The Books Are Alright!」が催された。これまでも他の会場で、何度かおこなわれてきたそうだ。主に関西で活躍する雑誌編集者、書店店主、フリーペーパー・ミニコミ製作者などによるトークセッション、プレゼンテーションとともに、「BOOKMAKERS' DELIGHT」という書籍、雑誌、フリーペ−パーなどの展示企画があった。ちょうど昨年、@ゆめいろミュージアムで初対面して以来、わがフリーペーパーflowsにも参加いただいている勾玉堂さんがこのことをおしえて下さり、出展参加することにした。あらかじめ、出展者やパネリスト等をMebic のHPでチェックしてみると、関西圏でちょこちょこ見かけ、気になっているフリーペーパーも、軒並みラインナップされていて、いや〜集まっテルな〜、という感があった。かつて“トコトコ”した@太陽 のメグ社長たちの“Flying-pan label”や、昨年の11月、名古屋でのアートマーケット“アートマンモス vol.2”のRECYCLE ART & COMMUNICATION ARTの中で同時開催として、ブース出展という形で、フリーペーパー展“FREEPAPER SALON(FOR FREE-STYLERS) volume.1”を主催し、お誘いいただいた、としひさ氏による“Fun Cafe”、2月に移転・リニューアルした@ちょうちょぼっこさんではお馴染み、おとなりになった“豆本”の@おまめさん、そこでゲットして、とり寄せて送っていただいた“gris-gris”等もリストにあった。水道局跡の建物の中にあるというMebicの存在も気にはなりながら、ずっと行く機会がないままだった。会期中もちょうど別の用事があったため、大阪行きのついでに最終日のほぼ終わりかけの頃、ようやく顔を出すと、思わぬ方々に再会した。その中でも、とても嬉しいニュースが・・・! 閉店が残念でならなかった@book cellar amusのスタッフだった石川さんと福本さんのお二人が、新たにお店を始める! とのこと。出展者リストで気になってた“Calo Bookshop & Cafe”というのがそうだった。偶然お会いしたこの場所で、ご本人たちから直接その朗報を聞けたのは、本当にラッキーだった。その際、いただいたご案内のカードの素敵さ(!)に、さらに期待がふくらみ、また、開店間近に石川さんから届いた、メール案内の中にあった仮サイトの “開業日記”をホームページで度々チェックし、できればすぐにでも行こう! と4/2のオープン間もない頃、トコトコ・・・。※以下、4/2発行のメールニュースより抜粋・転載おまたせしました。Calo Bookshop and Cafe(カロ ブックショップ アンド カフェ)いよいよ本日オープンします。書籍は現在、店主の好みでセレクトしたアート関係の洋書と和書を中心に構成しております。今後、皆さまのご要望にお答えしていけるよう、ぜひご来店いただき、ご意見をお聞かせください。遠方の方へはWEB通販も準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。ギャラリーは、昨日、久家靖秀さんが自ら展示におこしくださり、店内の空間を生かした展示になりました。こちらもどうぞお見逃しなく。LIFT 久家靖秀写真展 5月2日(日)まで開催。ビルの玄関前の木のカンバンが目印です。エレベーターで5Fへどうぞ。エレベーターが古いため、ドアが閉まる前にかならずブザーがなります。乗り過ぎではありませんので、ご心配なく!次回のニュースでは新着本をご案内します。これから、どうぞご贔屓に。HP(ホームページ)からプリントアウトした地図を片手に、なんばから、地下鉄四つ橋線に乗り換え、肥後橋駅からすぐ・・・!徒歩数分(近い!)のところに、Caloの入る“若狭ビル”があった。もちろん、この辺に来るのはおそらく初めて。ちょっとゴミゴミした旧い街並みがなかなかいい感じだった。大通りより入った場所の割には、オフィス街のこの辺は、昼下がりの平日、人や車の往来が結構多い。一階に“若木”というお蕎麦屋さんが入った“若狭ビル”。外観からも何かレトロな雰囲気・・・正面玄関の傍らに手造り(!)と思しき可愛いかつセンスいい看板が!中に入ると、ビルの案内プレートのところにすでにお店の名前が明記され、エレベーターに入ると、5Fのボタンのところにもちゃんとマーキングされていた。程なくして、5階に着く。「ブー!」・・・ブザーが鳴り、降りたところにも、先程と同じ仕様の看板が!そうして右手、ガラスの扉の奥にCaloはあった。※以下、Mebic扇町のHPより転載扇町ショウケース Vol.2 「The Books Are Alright!」BOOKMAKERS' DELIGHT  2/26[木]-29[日] 13:00-21:00主に関西発の出版物・フリーペーパー・ミニコミの展示 入場料:無料-トークセッション-Vol.1 関西情報誌 編集の現場と消費の現場  2/28[土] 17:00-19:30江 弘毅氏  『ミーツリージョナル』編集長北辻 稔氏  『大阪人』編集長宮田 伸氏  なんばミヤタ 代表取締役Vol.2 本の作り方・売り方永井 宏氏  windchime books/アーティスト・作家堀部 篤史氏  恵文社一乗寺店店長藤本 智士氏  有限会社パークエディティングオーガニックカフェ 2/28[土]・29[日] 15:00-21:00オーガニック&ベジタブルをテーマにしたフード・ドリンクのキャッシュオンカフェ-出展リスト-BOOKSAcuteFREE PAPERS甘苦一滴  WAFER  oops ! here I go again  ウタカタ大阪マグネット  おまめ  ON THE PAPER(黒田武志氏)KAPOK POSTCARD CATALOG 2004  glass free paper  gris-grisKeri  公演ぱんふ(HUE専用)  GOKIGEN  CRJ-westJ/e/t soundtrack  Stray Sheeps  take away souvenir(BOOKLUCK)digmeout  toi  Pan !→汎  Billet  FunCafefor Archi Review  Flying-pan label  flowsmini book Hana(予定)  モダンジュース(予定)  montageBOOKSTORE Books Coffee Gallery itohen(いとへん)BOOK CAFE 有限会社ヴィジョン・トラック [PICT BOOKLET]PUBLISHERS NPO法人 WS西日本and OTHERSOPUS CREATIVE DESIGN SCHOOL[オプスプレス "OP"・こぷすぷれす]カフェ & ブックス ビブリオテーク(予定)Calo Bookshop & Cafe(2004.4.2 OPEN予定)有限会社グラム[Water Planet・cafe co. complete works]クローバーブックス[アートマニア] 劇団☆世界一団[赤いキリンの思い出] GO! GO! マグネグflowerモモンガCOTO 新風舎 大阪 Studio:L[環濠生活] Berlin Books MILBOOKS flows

"Calo Bookshop & Cafe"open! information card
若狭ビル1階入口付近&看板
nakaban氏特製・看板
"Calo Bookshop & Cafe"入口付近
カウンターとキッチン
書棚・正面より
お勘定カウンター付近
nakabanコーナー@中央テーブルポストカード、書籍等
入口正面より、店内
ビジュアル本等、アート系関連書籍
店内奥より
一番気になる・・・アート関連のミニコミ類『appel』、『アートマニア(大注目!)』etc...
コーヒー&石川さん・特製日替わり=いちぢくのパウンド・ケーキビル内
ビル内 ちょっとレトロな内装
「The Books Are Alright!」&「BOOKMAKERS' DELIGHT」@Mebic扇町 イベント・フライヤー
page 1 2 next >>
TOP > かよんのオーサカトコトコハコめぐり > > File#20 Calo Bookshop & Cafe
Copyright (c) log All Rights Reserved.